白タルの散歩道*FF11ブログ

りぃ
りぃ

2016年11月、10年ぶりにFF11に復帰。休止を挟みつつものんびりヴァナライフ。
YouTubeにヴァナの1日を撮った動画投稿してます。

サルタバルタ

クリックで大きくなります

ヴァナディールの1日を1分で。

まるっと1日ヴァナディールはこちら。→ YouTube

西サルタバルタ

魔法都市ウィンダスの西部に広がる草原地帯。この地には古代遺跡が点在しており、タルタル以前に住んでいた種族の存在が確認されている。北の方には、『星降る丘』と呼ばれる、不思議な場所があり、寒い夜に夜空を見上げると、星が落ちてくる、と云う伝説がある。

東サルタバルタ

魔法都市ウィンダスの東方に広がる平原。この平原は、ザンビビ川とノンピピ川によって常に潤されている。そのため、乾季には大型動物の水飲み場となり、ミスラ族狩人にとっても獲物の宝庫であった。しかし、大戦の影響によって気候が狂い始めると、大型動物は姿を消し、代わりに異形の蟲や植物がはびこるようになってしまった。

公式サイト サルタバルタ地方