白タルの散歩道*FF11ブログ

ラテーヌ高原

比較的高い土地に広がる大草原地帯。かつては野生チョコボの産地として知られていたが、最近ではもっぱら大羊の放牧地として羊飼いに利用されている。高原を切り裂くように縦横に地裂が走っており、雨後そこによく虹がかかるため、別名『虹の高原』と呼ばれている。

画像をクリックすると大きくなります。ヴァナディールの写真集(スクリーンショット)TOPページに戻る