白タルの散歩道*FF11ブログ

コンシュタット高地

ストゥーク共和国の北方にあたる草原。 バストゥーク山脈にしては珍しく高山性の草木が豊富に生育しており、動物層も豊かである。 また、この一帯には、オーディン風と呼ばれる強風が吹きつけるため、自動化された風車群が設置されており、ここで製粉された小麦粉は、協約に従い、サンドリアとバストゥークの双方に輸送されている。

画像をクリックすると大きくなります。ヴァナディールの写真集(スクリーンショット)TOPページに戻る