白タルの散歩道*FF11ブログ

ジュノ大公国

クォン大陸とミンダルシア大陸を結ぶ東西交通の要衝『ヘヴンズブリッジ』の上に形成された新興の都市国家。 重商主義・中立主義を国是とし、関税を始めとする様々な国家規制が他の国に比べて緩い。そのためか、ヒューム族の商人からゴブリン族の職人まで、様々な種族・職業の者が絶えず流入し、国際色豊かな街並みを形成している。 また、古代の失われた技術を伝える唯一の国としても知られ、その産物のひとつである飛空艇は、今や諸国間の欠かせない高速交通手段となっている。 十数年前の獣人軍の大攻勢に際しては、小国ながら人の諸国を束ねる盟主の役割を演じ、アルタナ連合軍を結成して、これを撃退した。

画像をクリックすると大きくなります。ヴァナディールの写真集(スクリーンショット)TOPページに戻る