白タルの散歩道*FF11ブログ

FF11プレイ日記のためネタバレを含みます。

闇の王 前編

白タルの散歩道

ズヴァール城にきたよー。
この七色の光、もしかして母なるクリスタルの光?

さてさて、闇の王の復活を止めてと言われたけど、そういえばどうやって復活するんだろう。儀式でもしててそれを邪魔するとか?

りぃ 魔晶石とガルカンソーセージを供えて、その周りを円になって槍持った獣人がどんどこどんどこ…
クピピ クピピの分身はちゃんと見てるのなの。ふざけてないで急がないと星の神子さまに報告するのでーす!
りぃ キャー!ヒサシブリネー!

白タルの散歩道

りぃ めっちゃ急ぐッス。

道順はネットで調べた!完璧!
情報載せてくれてる人たちいつもありがとう!

白タルの散歩道

穴に落ちたり、ワープがあったり。
エリアごとに違う獣人がいたり。

りぃ レベル差があって絡まれないのがこんなに楽なんて!!

白タルの散歩道

来たよ。最奥。ズヴァール城の本丸。

りぃ あそこに行けば闇の王の復活の邪魔できるのね。

白タルの散歩道

りぃ おじゃましまーす。

あれ?どんどこ儀式してない。

白タルの散歩道

ん?あれは?

ザイド これは!?

白タルの散歩道

りぃ ぎゃあああああ!!!びっくりしたあああああ!!!!!

ザイド 闇の王の棺か!?
りぃ 知らんわ!!!

後をつけてきてたの!?
便乗ここに極まれり!

白タルの散歩道

ん?光った!?

白タルの散歩道

蓋が開いた!!

白タルの散歩道

白タルの散歩道

白タルの散歩道

白タルの散歩道

りぃ あれー!?

儀式してないのに復活しちゃったよ!?
あっ、もしかして地下の母なるクリスタルの所でやってたの?

白タルの散歩道

闇の王 暗黒騎士…。20年ぶりだな、ザイド。
りぃ あら、お知り合い?

ザイド ちッ、なんてことだ!!ほんとに、こんなことが…!?
闇の王 俺は死なぬ。おまえ達人間どもを、根絶やしにするまではな。それに、もとより俺は長命種だ。そう簡単に消されはせぬぞ。

ザイド あの最後の戦いで剣を交えた時、もしやと思ったのだが…おまえ…、まさか、ガルカなのか?

直接戦ってたのね。

白タルの散歩道

闇の王 30年前に、俺は…俺たちは…、この呪われた地を調べていた。この地に眠るとされる、未知の力を求めて、な。そうして、まさにこの地で、俺は友に裏切られ、殺されたのだ!

ウルリッヒと友達だったんだ?
単に仕事仲間なのかと思ってた。

闇の王 ミスリル銃士隊一の剣士であり、当時獣人との和平の道を訴えていた俺が、ウルリッヒはジャマだったのだ。

ミスリル銃士隊だったんだ。
アヤメやナジが入ってるやつだよね。

闇の王 そしてコーネリアも、俺をかばって、ヤツらに…。
りぃ ヤツら?

ウルリッヒだけじゃなくて、複数人いたの?
同じ北方調査隊だったフランマージュたちはその場にいなかったし、関係ないよね?
誰だ?
それとも、共犯者だと思ったのかな?

白タルの散歩道

闇の王 30年前、友に裏切られ、確かに一度俺は死んだのだ…。だが、それで終わりではなかった。地下深くに眠る力に触れて、俺は死からよみがえったのだ。死を超えた肉体と、幻獣と心をかよわせる能力を手に入れて、な。

幻獣と心かよわせたの?
フェ・インにいるっていう?
え、何なのよ。教えてよ。

闇の王 そして、その時はじめて俺は気づいた。気づかされたのだ。自分のうちにずっと秘められていた憎しみに。

白タルの散歩道

闇の王 いや、俺個人の憎悪ではなく、もっと深く、激しい、ガルカという種がずっと抱えていた、うずまく憎しみの炎だ。

ヒュームに酷い目にあわされ続けたとか、もっと昔のアンティカに故郷を滅ぼされたとか、もっと前にあったなにかとか、全部かな。

闇の王 お前たちにはわかるまい、我らのなかに眠る、深いこの憎しみは…。その炎に身をまかせ、俺は人であることをやめた!!

ガルカのザイドにも分からないの?
語り部だから分かってしまったのか。

白タルの散歩道

白タルの散歩道

白タルの散歩道

白タルの散歩道

りぃ 剣がデテキター!
闇の王 まさにおまえ達、人間どもが、俺を目覚めさせたのだ。憎しみの化身、闇の王として!!

白タルの散歩道

闇の王 その時、俺は誓った。人間どもをこの地から一掃してくれるとな!ひとり残らず、だ!!20年前は不覚をとったが、今度はそうはいかぬぞ。

白タルの散歩道

りぃ え?

白タルの散歩道

ザイド くっ、きさま!?
りぃ あんたなんで簡単につかまってんのよ!?

闇の王 そこで見ているがいい、ザイド。きさまにも、俺の憎しみがわかるはずだ。ガルカである以上は。

白タルの散歩道

闇の王 俺が内なる炎に焼き尽くされて果てるのが先か、おまえ達人間どもがこの地から消えてなくなるのが先か、ふたつにひとつ!

白タルの散歩道

闇の王 さあ、来い、人の子よ!死ですら、もう俺をとめることはできぬのだ!我が憎しみ、思い知らせてくれる!!