白タルの散歩道*FF11

FF11プレイ日記のためネタバレを含みます。

少女と鏡が始まった

フェロークエストのミスラに話しかけてみたら、次のが発生したよ。

子供が迷子

子供が迷子になって探してるって。
りぃ 見ず知らずの私らに頼むとはよほど見つからなくて困ってるのね。

迷子の子供

ふむふむ。この子ね。
子供だし、町の出入り口には見張っている人がいるんだし、ジュノのどこかにいるでしょ。

りぃ OK。まかせんしゃい。

出口の人

この人何か知ってそうよね。

フェローのNPC こんにちは。あの後、ヤーガウミガさんと話す機会があったのですが、エルディーム古墳に行くと言っていましたよ。なにやら、心配なことがあるようでした。

おお、1度会っただけなのに、私がヤーガウミガを探してたと覚えてたのね。
よくいろんな人のこと覚えてるよなぁ。

りぃ もしかして、茶色の服と帽子の金髪少女を知らないですかのぅ?
フェローのNPC えっ!?今度は少女の行方をお探しなのですか?ああ!そういえば・・・。

フェロー

フェローのNPC あの時の子が、その少女だと思うんですよねぇ。でも、その子がどこに行ったかとなると・・・。ちょっと判らないですね。
りぃ ちらっと見ただけの子を覚えてるなんてすごいな!!!

でも行き先は分からないのかぁ。

・・・いや待てよ。この一緒にいるのはヤーガウミガ。
ヤーガウミガが気になることがあるからエルディーム古墳に行ったと言っていたよね。気になることって、絶対この少女のことだよね。

りぃ つまり少女はエルディーム古墳にいるからそこまで行けという事ですね旦那!?

古墳かぁ。古墳・・・。
ソロムグで死にかけたのに、古墳ってまだ無理じゃね・・・?

いやその前に、少女何故古墳に行くし!!ジュノの中でおとなしくしててよ!
この兄さんとか、ジュノの警備してる人・・・親衛隊?の目をかいくぐって町を抜け出すとか忍者の素質ありっすか!

りぃ ・・・うん、また今度ね。それまで耐えてて少女。将来の忍者なら生き延びられる。大丈夫。うん。きっとそう。